業種から探す

運送業向け損害保険

運送業
加入するべき保険
リスクから加入するべき
保険を紹介

運送業者が入るべき保険が分からない…
貨物保険と運送保険って何がちがうの?
個人事業主でも保険に入る必要があるの?

など、運送業の方は保険のことで悩んでいる人が多くいます。運送業の業務を遂行する上ではたくさんのリスクに直面します。そのリスクをそのままの状態にすることは、万が一の時に会社を存続の危機に直面させることになります。
こちらのコンテンツでは以下について解説していきます。

  • 運送業のリスク
  • 運送業が加入するべき保険
  • 運送業が保険に加入する時の注意点

運送業のリスクと
備えるための保険

運送業者には様々なリスクがあります。それらのリスクを適切にマネジメントしておかないと、会社の経営に大きな問題を与えてしまうケースがあります。そこで、安心して事業に専念するために、これらのリスクを保険に移転する方法について解説します。

「預かった荷物のリスク」に備える保険

運送業は基本的に、依頼主から荷物を預かってその荷物を運びます。その荷物に万が一損害が発生すると、荷物の損害を賠償しなくてはいけません。そのうな荷物の損害に対して備えておくのが、運送事業者賠償責任保険(運送賠償責任保険)です。

「財物のリスク」に備えるための保険

運送業には事業に必要な設備が非常に多くあります。また、万が一の際には、とても大きな復旧費用が必要になってしまう可能性があります。

店舗の損害のリスク 火災保険
設備什器の損害のリスク 火災保険
商品や材料の損害のリスク 動産総合保険・火災保険

企業の財産である、設備や機械などを補償する保険

万一災害に合った場合に、事業の早期復旧、早期再開をサポートするための保険商品です。
事業用の什器、備品、機械、商品または家財などの動産を対象とし、運送中や使用中の破損や盗難など、偶然の事故による損害を補償する保険商品です。

「従業員のリスク」に備える保険

従業員が配送中に事故に合ってしまったり、業務中にケガをしてしまったら大変です。万が一の場合のために「政府労災」に加入してるといっても、政府労災だけでは補償額が足りないなんてこともよくあります。また、政府労災では「慰謝料」の補償がありませんので、会社が慰謝料を支払わなければならないなんてこともなる可能性もあります。従業員の皆様に安心して働いてもらうためにも、万が一のケガや死亡の補償を用意しておくのは、経営者としての責任かもしれません。そのような時に役に立つのが「業務災害補償保険」です。

「経営者のその他のリスク」に備えるための保険

経営者の死亡、ケガのリスク

企業のリスクは、財物や賠償だけではありません。経営者の方が元気で働けているからこそ、安定した経営が続けられているのです。経営者の方に万が一のことがあっては会社の大変な状況になります。
例えば、

  • 経営者が交通事故にあってしまい、寝たきりの状態になってしまった。
  • 経営者が病気を発症してしまい、今ままでどおりの仕事をこなせなくなってしまった。

どんなに健康な経営者の方でも、交通事故に合う可能性も病気を発症する可能性もあります。そんな時に会社の経営が傾かないように準備しておくのも大切なのです。

従業員からの訴訟のリスク

ハラスメントや不当解雇などで従業員から訴えられるリスクにも備える必要があります。

  • ハラスメント
  • 不当解雇
  • 差別的行為
  • 人格権の侵害
  • 不当な評価

などで訴えられた場合に備えるのが、「雇用慣行賠償責任保険」です。また、業務中の事故によって従業員や従業員の遺族から訴えられる可能性もあります。従業員が被った労働災害によって、

  • 逸失利益
  • 休業損失
  • 慰謝料

など、企業が法律上の賠償責任を負うリスクがあります。
これらのリスクに備えるには「使用者賠償責任保険」がおすすめです。

株主代表訴訟のリスク

株式会社の経営者は、訴訟のリスクへの備えも必要になります。大企業で「株主代表訴訟」がニュースになることがありますが、中小企業でも決して他人事ではありません。どちらかというと、個人的なトラブルが生じる可能性が高い中小企業の方が、訴訟のリスクに備えておくべきなのです。
株主代表訴訟に備えるには、「D&O保険(会社役員賠償責任保険)」がおすすめです。

「自動車のリスク」に備える保険

運送業の業務を遂行する上で必要不可欠な自動車を使用するには、大きなリスクが発生する可能性があります。

  • 運送中の自動車の事故
  • 自動車の盗難のリスク

このようなリスクがあります。万が一の時に、大きな損害になることや、企業の信用度を落としかねないリスクですので、しっかりと対策をしておくことが大切になります。自動車事故のリスクに備えるには自動車保険に加入することがおすすめです。自動車保険は保有する台数によって加入する方法が変わるので注意が必要です。

10台以上 フリート契約
2~9台 ミニフリート(セミフリート)契約(ノンフリート多数契約)
1台 ノンフリート契約

このように分けられています。補償内容につきましても、自動車の使用頻度や使用用途によって変化させる必要があります。