法人向けの自動車保険

1台~9台の自動車保険

ミニフリート
自動車保険

特徴
注意点を紹介

法人が加入する自動車保険って個人の自動車保険の契約と違ってなんだかよく分からない。
「ミニフリート契約」とか「フリート契約」なんて言葉をよく聞くけど、よくわからないから、保険会社の営業担当者に言われるがまま入っている。このような法人はよくあります。
そこで、こちらの記事では、法人が加入する自動車保険の「ミニフリート契約(セミフリート契約)」について分かりやすく解説しています。法人の自動車保険の内容を理解して、貴社に合った自動車保険を選べるように最後までご覧になってください。

  • 自動車保険のノンフリート契約とは
  • ノンフリート、ミニフリート(セミフリート)の自動車保険の補償内容
  • ミニフリート・セミフリートの特徴
  • ミニフリート・セミフリートの契約の適用条件と注意点
  • よくある質問

法人自動車保険の
ノンフリート契約とは

自動車保険のノンフリート契約、ミニフリート(セミフリート)契約について説明します。
法人が所有する自動車が1~9台の場合の自動車保険のことを総称して「ノンフリート契約」と言います。
また、ノンフリート契約の中でも、2~9台の自動車をまとめて契約している場合には「ミニフリート契約」または「セミフリート契約」と言います。
ミニフリート(セミフリート)契約の場合には、以下の点に注意が必要となります。

  • 契約者:保険の加入者
  • 記名被保険者:最も車を運転する法人(人)
  • 車両所有者:車検証に記載のある所有者

上記3点が同じである必要があり、法人契約の場合は同じ法人名であることが前提条件となります。
また、10台以上の自動車を所有、使用、管理している場合には、ミニフリート(セミフリート)契約ではなく、フリート契約にしなければなりません。

フリート契約の詳しい解説はこちら

個人の自動車保険と
法人の自動車保険の違い

個人で加入する自動車保険と法人で加入する自動車保険は、

  • 保険料
  • 特約による補償の範囲
  • 加入できる自動車の種類

この3点が違います。

【個人の自動車保険との違い】保険料

一般的に個人で加入する自動車保険よりも、法人で加入する自動車保険の保険料の方が高い傾向にあります。
その理由は、個人の自動車と違い、不特定多数のドライバーが運転することが多く、また走行距離も長くなるために、自動車事故のリスクが高くなるので、保険料が高くなるのです。

【個人の自動車保険との違い】特約の補償の範囲

法人の自動車保険は「特約による補償の範囲」も違います。

  • 事業用積載動産特約
  • 企業、団体見舞費用特約

など、個人の自動車保険ではつけることができない特約もあります。

【個人の自動車保険との違い】加入できる自動車の種類

法人の自動車保険は加入できる自動車の種類も幅が広くなっています。

  • お客さまを乗せて運賃をもらうようなタクシー
  • 荷物を運んで送料をもらうトラック
  • キッチンカー

など、個人の自動車保険では加入することができない自動車の種類にも保険をかけることができます。

ノンフリート、
ミニフリート(セミフリート)

自動車保険の補償内容

1台ずつの契約も、ミニフリートでの契約も補償内容は同じです。 法人の自動車保険の基本的な補償内容は以下の5つです。

  • 対人賠償責任
  • 対物賠償責任
  • 人身傷害
  • 車両の損害
  • 特約

それでは、一つずつ解説していきます。

【法人の自動車保険の補償内容】対人賠償責任

【法人の自動車保険の補償内容】対物賠償責任

【法人の自動車保険の補償内容】人身傷害

【法人の自動車保険の補償内容】車両保険

【法人の自動車保険の補償内容】特約

ミニフリート・
セミフリート
の特徴

ミニフリート・セミフリートの割引内容

ミニフリート(セミフリート)契約には契約台数による割引があります。
保険会社によって異なる場合もありますが、一般的には下記の表のようになります。

台数 割引率
2台 3%
3~5台 4%
6~9台 6%

また保険会社によっては、通常は分割払いで発生する割増保険料が、不要になることがあります。

ミニフリート・
セミフリート

契約の適用条件と注意点

ミニフリート・セミフリートの適用条件

ミニフリート・セミフリートの契約の注意点

よくある質問

所有する自動車が10台以上あってもノンフリートのままにしてもいいの?

10台以上になったら、すぐにフリート契約にする必要がある?